代表者のプロフィール

税経センターグループ  代表
株式会社綜合税経センター 代表取締役
税理士法人あさひ会計  代表税理士  栗山 隆史
1970年生まれ

バブル期に入学し、卒業前にバブル崩壊という大学時代に職業とは何か?を考えさせられる。

法学部で刑法を学んでいたため簿記のボの字も知らなかった大学4年生が 一生をかけて働ける職業として税理士を選ぶ。「税務分野での弁護士」のような税理士を目指すことを決意して以来、『納税者の権利を守る』が一貫した信条である。

代表者のプロフィール03

1995年、㈱綜合税経センターに就職。
1998年には働きながら税理士試験に合格(最初の受験から5年経過している)。
当時の代表者、故野村茂彦税理士の急逝などを受け、28歳という若さで、㈱綜合税経センターの取締役に就任。
故野村税理士の遺志を継ぎ、代表として個人事務所の税理士も務める。

2014年1月現在、43歳ながら税務調査の立会件数は300件を超える。

実際、税務調査で立ち会ったクライアントからは、
『普段ダメなものはダメというが、税務調査の時には我々の味方だと心から実感する』
と評価も高い。それは、クライアントとの距離がぐっと縮まる瞬間でもある。

現在も代表の立場でありながら、税理士として顧問先経営者の相談対応に駆け回る。
従業員との関係や事業承継に悩む経営者へのアドバイスが好評なのも、
自らも社長として㈱綜合税経センターの経営にあたっている経験が活かされているから。

夢は「地域に根ざし、地域の中小企業を元気にすること」

趣味は、時々触るアコースティックギターと家族を連れて日帰りのスキー。
家庭では一男一女の父である。

税経センターの採用エントリーはこちら

税経採用/エントリー
Copyright 2017 税経センター|中途採用|