こんにちは。綜合税経センターです。

2018年度インターンシップ|税理士コース|を開催しました。
お忙しい中、また、遠方から足を運んでくださった学生のみなさん、本当にありがとうございました。

2018年インターンシップ|税理士コース|

開催日:2017年9月5日~9月6日
場所:綜合税経センター柏本社 研修室

インターンシップのプログラムや内容詳細については、こちらのページで紹介しております。
2018年インターンシップ(税理士コース)概要

20170905_001 20170905_002 20170905_003 20170905_004

 

 

20170905_00620170905_005

 

インターンシップに参加してくださったみなさん、
お忙しい中足を運んでいただき本当にありがとうございました。

当社でのお仕事に興味を持ち、採用試験を受けてみたいと思っていただけたら大変嬉しく思います。

9月11日(月)開催のインターンシップコンサルタントコースについてはこちら

 

参加者の声

○2日間あさひ会計様にインターンシップ生としてお世話になり、沢山良い体験ができました。私自身、会計や数字とは全く関係のないことを大学では勉強していたので、とても新しく、キラキラとしている世界でした。簿記とかも何も知らずに来たので、不安でしかなかったんですが、たくさんの社員様に教えていただきながら、なんとかできてよかったです。数字は少しというかかなり苦手ですが、簿記にチャレンジしてみようという気になれました。会計業界に行くかどうかは分かりませんが、とても楽しく将来に生かせると思いました。 本日はこのような場を開いてくださり、誠にありがとうございました。今後の就活に役立てたいと思います。 本当にありがとうございました。

○数字に強い人の多い業界という印象が当初ありました。 実際、初日の申告書作成時には書類の多さ、記載される数字の多さに圧倒されました。しかし、税金の知識を活かして書類を読まないと、企業の成績が分からず、故に先を見すえたアドバイスもできないというのは、このインターンシップを通して始めて知りました。 書類とにらみあうイメージでしたが、お客様とのコミュニケーションをとり、相手にとって有利になるような助言もするイメージに変わりました。
今インターンシップを通し、何人かのインターン生や社員の方と会話する機会が多く、会計業界だけでなく他の業界について学ぶことができました。それぞれの専門知識を活かし、支えあうのは効率的であると同時に、お互いの刺激になると感じました。同じように、この事務所では税理士や司法書士等色んなプロが一つに集まっているので、理想的な職場だと思いました。

○監査のイメージが強かったのですが、企業の経営、地域経済をサポートするお仕事もあるのだという発見がありました。 お堅い職場(体育会系よりな)が多いのでは…私が会計業界のインターンシップに参加して大丈夫だろうか…と思っておりましたが、必ずしもそうではないということがわかりました。コミュニケーションが想像以上に重要であるということも今回のインターンシップを通して感じました。 学校の講義で理論として学んだ会計を、実務として体験することができたのは、私にとって大きな収穫でした。改めてもっと勉強が必要だと感じました。社会に出る前に、理論について学ぶ重要性も感じました。 他の学生や働く先輩との交流によって、視野がぐっと広がり、非常に良い刺激を受けました。就職活動に希望がもてずにいましたが、もっと様々な世界を体験したい、スキルアップをしたいという意欲が高まりました。 お忙しい中、貴重な機会を下さり、本当にありがとうございました。

○この2日間のインターンシップでは多くの刺激を受けました。今回、参加する1年前に、別の会計事務所に訪問しました。そこは従業員が約15名程の小規模な事務所でした。それを見て当時は、会計事務所こういうものかと思い、終わりました。ですが、御社のインターンシップ内での事務所見学で、事務所内を拝見した時は、今までのイメージは崩れました。従業員の多さに驚きました。その時から、会計事務所には大小様々数多くあるものだと思いはじめました。 会社説明会の時には、御社では会社立ち上げからサポートができることに感銘を受けました。御社の企業理念に寄り添うように、経営・営業しているので、創業からの気持ちを受け継いでいるのだと感じました。 他大学の学生とも触れ合う機会もあり。良い刺激を受けました。 2日間本当にありがとうございました。

○今まで会計と言っても、大学では先生がただ話すだけで理解をしていなかったが、あさひ会計さんのインターンシップでくわしく会計のことを知ることができたのでいい勉強になった。グループディスカッションでコミュニケーションの練習にもなるので楽しかった。実際の企業の社長さんと話したらっていうのも私の中で考えながらやったので、コンサルタントの勉強にもなった。決算書の見かたなどもわからなかったのでもっと勉強仕様とも思えた。

○2日間の申告書作成、経営の分析の体験をして、会計業界の仕事内容を知ることができました。また、社員の方々の話を聞いて、会社、事務所の雰囲気や業界についても知れました。 最も興味のある業界で多くのことを学びました。資格を取得することグループのメンバーはデータを見て的確な意見を出していた為、勉強次第ではなんとかなるのだと感じました。 入社してから資格の勉強をする方も多くいらっしゃり、横田さん自身もそうだとおっしゃっていたので、もしこの業界を目指すことにしたら、入社までに日商簿記の検定を最低でも2級までは取りたいと思います。 2日間のインターンシップで社員の皆さんが気さくで説明も上手で分かりやすかっため やはり、コミュニケーション能力は必要なのだと感じました。横田さんすごく面白いです。御社のインターンで会計業界への興味が深まりました。 貴重な体験をさせていただき、ありがとうございました。

○今まで会計業界と聞くと、大学での税理士の先生からのお話や知り合いからの噂ぐらいしか情報が無かったが、今回のインターンシップに参加させていただいて、実務でどのようなことをしていて、どのような課題に取り組んでいるのかを、具体的に知ることができて非常に見識が深まった。特に、社長の方とどのようなお話をして、一緒に考え、企業を良い方向へと導くというお話が一番興味をひかれて、自分の知識や経験が相手に役立てることができる会計業の魅力を知った。また、会計業界の現状等、会計業についての概容を眺めることができて、理解が深まり、嬉しかった。今回のインターンシップを通して、これまで漠然としかイメージできていなかった会計業界について具体的な視点で見つめることができたこともさることながら、税理士の勉強を進めている私にとって税理士をめざす動機づけにもなり、非常に優位気が機会だった。

○会計業界ときくと、税関係の書類作成が主な業務としているイメージだったので、経営者の方の仕事だけでなく、プライベートのことまで相談にのるときき、身近なパートナーという側面が強い仕事なのだと感じました。 今回のインターンシップでは普段みることのない企業の確定申告書を作成し、また、打ち上げ総利益率や当座比率のような計算の仕方や言葉は知っていてもその指標が何を示すのか、他と比べてどうなるのか、どう改良していくべきなのかを考えることはなかなかないので楽しかったです。 勉強していることも実務では考え方がことなっていることもあり、働いている方のお話も聞くことができて、自分が就職活動をしていくなかで良い経験になったと思います。 いろいろな社員の方のお話が聞きたかったので1人の方からしか聞けなかったのが残念です。

○今回のインタんシップに参加する以前は、業務内容として決算書を作ったり、税務を行ったりすることが主なものだと考えていました。しかし、そういった業務はもちろんのこと、作った決算書や申告書などを元に、経営分析を行って経営者の方にアドバイスすることがあったり、時には、経営者の方の相談にものっているということで、たくさんの知識が必要な仕事だということがわかりました。 私は、税理士として働くことを目標としています。そのため、実際に会計事務所などの業務を体験させていただきたく、参加しました。今回の申告書の作成や経営分析といった体験は、どちらも始めての経験であり、とても貴重な時間を過ごすことができました。簿記の勉強はしていたので、ある程度の知識はあると思っていたのですが、まるで役に立たず実務とは違うものなのだなと感じました。最初に行った申告書の作成では、まず申告書の多さに驚き、たくさんある仕事のひとつとっても大変な作業だなと実感しました。2日目に行った、経営分析では、今まで勉強してきた視点とはまったく違う、B/SやP/Lの見方、分析の仕方を学ぶことができてよかったです。今後の就活などでも役に立つような貴重な経験をさせて頂き、ありがとうございました。

○私は最近、就職活動の為に簿記の勉強を始めたばかりで会計業界のことも、内容も分かりませんでした。 今回のインターンシップに参加したのは、これから学んでいく簿記に触れたり、理解を深める為でした。 1日、2日と通して会計業務に触れ、全然わからないことだらけだったのですが、社員の方を始め、グループが同じになった人達にも助けていただきワークを行う事ができました。 2日間、知識の浅い私には本当に勉強になることが沢山で、今後の勉強も、もっと頑張ろうというモチベーションにもつながり、とても充実したインターンシップでした。 2日間ありがとうございました。

○私は、簿記2級をとって、どれだけどのようなところに役立つのかと思い今回のインターンシップに参加させて頂きました。思っていたよりも損益計算書や賃借対照表の知識が役立ちはしたもののまだまだ知識不足だと実感させられました。業務を説明されるだけでなく、実際に税金の計算をしたり決算報告書からアドバイスする内容を考えたりと、体感できてよかったです。詳しく説明までしていただいてとても充実したインターンシップでした。来年から始まる予定である就職活動で業種を考える際に役立てたいと思います。わがままではあるかもしれませんが、手作業でやっていた作業がパソコンのソフトでどれだけスムーズになるか、体験してみたかったです。2日間ありがとうございました。

○今回のインターンシップに参加する前と比べて、思った以上にお客様(経営者)と接触しコミュニケーションを大切にしていかなければならないお仕事だと考えさせられました。その企業のB/SやP/Lなどに記載されている金額をお伝えするだけでなく、もっとその企業が成長するために今後のアドバイスや改善点を見つけたりと、親身になることが大事だと思いました。学校の授業ではB/SやP/L etcは作成しますが、学校ではとりあつかわない税金のことや青色申告の作成など、実務を今回体験できて大変良かったです。今後は、今回のインターンシップを活かして、実務的な内容に取り組んだり、コミュニケーション能力を高めることなど積極的に取り組んでいきたいと思います。2日間、充実したインターンシップを行ってくださり、ありがとうございました。

○簿記や会計の勉強では仕訳や財務諸表の作成方法を中心に勉強していたが、今回のインターンシップではその数字からさらに同じ業者の平均値と相対評価をして具体的にどのように助言するのかという実務的な側面を見れたことは本当に良かった。なんとなくクライアントに対し専門知識を用いて分析した内容を簡潔かつ具体的に説明する職業だと考えていたので、業務内容については会計業界のイメージはあまり変わらなかったが、その過程を実際に体験してみて思ったよりも楽しいと感じた。経験と知識が重要な仕事だと聞いていたが、実際に体験してみてその意味を理解できた。 実際に実務的な内容を体験してみて改めて会計業界を目指したいと感じた。今後の勉強のモチベーションにもなり参加してよかったと感じた。

○始めて、日本の会計実務を体験しまいました。社風はとてもいいと思っていますから、充実な一日です。本当の職場の話を聞いたり、自由な雰囲気で仕事をすることが役に立つとも考えています。 会計士より、監査法人を目指しているから、あまり、税理士のことはわからなかったです。今日のインターンシップから、税経の仕事内容を理解しやすいです。もし、将来機会があれば、自分も挑戦してみたいです。 今回のインターンシップがすばらしいと思います。御社の職員から、色々なことを教えてくれました。非常にありがたいです。職場をみると、自分の不安もなくなりました。就活に対して、役に立つチャンスです。 ありがとうございます。